投資女子のビットコイン取引所★

ビットコイン取引所、仮想通貨ニュース、おすすめICO、大人女子のための仮想通貨ブログです(≧▽≦)

iXledger IXT(アイエックスレジャー InsureX インシュアクス)仮想通貨ICOコイン

ビットコイン取引所で買えなかったICOコイン、InsureX(IXT)の情報です。
f:id:virtual-currency:20170821151529j:plain

InsureX(IXT)は過去におこなわれたICOで募集終了済みの仮想通貨(トークン)となります。

※InsureX(インシュアクス)はのちにiXledger(アイエックスレジャー)と改名。つまりInsureX=iXledgerです

ICO募集は2017年7月にネット上でおこなわれ、8~9月に海外のビットコイン取引所に上場しました。

IiXledger(IXT)アイエックスレジャー

iXledger IXT

iXledger 公式  https://insurex.co/

英文ホワイトペーパー(WP) 2017/11発表
https://www.ixledger.com/whitepaper_v1.1.pdf

取引所表記:IXT 日本語読み方:アイ・エックス・ティー / インシュアクス(旧読み方インシュアクス、インシュレックス、インスラックス)

仮想通貨テーマ:保険会社、再保険会社、証券会社の売買マーケットをつくるプロジェクト

IXTの取引所

iXledgerkこと、IXTが買えるおすすめ取引所をおつたえしますね♪

HitBtc ヒットビット 海外取引所

2018年6月に「日本在住者は取引できなくなります」と公式発表されました。残念すぎる。他によい取引所がみつかったら追記します。

www.coingecko.com

InsureXのICO事情

・イーサでICO募集

ICO参加はイーサで行われました。 ICO参加方法は手持ちのイーサをInsureX指定のイーサアドレスに送金するだけ。

私も3イーサをICOに参加。

当日公式ツイッターがハッキングされ大騒ぎ!

大物ビットコイン投資家が注目していたInsureXですが、当日公式ツイッターがハッキングされてICOセールが早期終了になりました。

ツイッターのっと騒ぎでICO資金をまちがって送ってしまったユーザーもいたよう。

こういった情報はすべて英語ツィートなので英語知識がないひとはツライですね。

私は投資仲間が「どうやら公式ツイッターがのっとられている。早まって送金しちゃダメ!」と注意してくれたので助かりました。

こういったことからもICOセールに乗っかるなら、 自分で情報収集できるくらいの英語力があるか、信頼できるウィンウィンのコイン仲間は大切だな~と実感。

ICO時の価格 IXT

※ひとによってボーナス価格が違うので、あくまでも私の場合

ICO価格、0.0075120/ETHで購入。

価格はICOより約3倍も!

ハッキング騒ぎで心配されたInsureX(IXT)の価格ですが、2017年8月0.04~0.008~0.28/ETHと激しいアップダウン。

8月当初はICO価格割れでたいへん心配しましたが、8月後半になって順調にあがっています。

時期によってICOのプレセールより現在3倍に!

・後日ハッキング被害は公式が補填してくれたようです。こういった対応でInsureXの価値も上がりますね。さすが!

InsureXのツィートまとめ

プラス意見

マイナス意見

その後のInsureX

8/28追記:iXledgerに名前変更

2017年8月28日追記 ICO募集されたInsureXは名前が変更になりました。 新しい名称はiXledgerで、取引所でのコインは「IXT」と変更ありません。

8/29追記:世界的再保険会社のジェンリーと提携!

2017年8月29日追記

世界的再保険会社のジェンリーと提携という、プレスリリースがでました。

「LONDON and NEW YORK,Aug. 29, 2017/PRNewswire/ --iXledger(formerly InsureXTechnologies),the London-based technology company developing first of its kind, transformative insurance solutions utilizingblockchain, today announced a collaboration withGen Re, one of the world's leading reinsurance companies.

iXledger Blockchain Insurance Solutions TogetheriXledgerand Gen Re will develop solutions for life and health insurance utilizingblockchainand other advanced technologies, in the initial phase. As an early adopter of theiXledgerblockchainsolution, Gen Re will benefit from their expertise in building financial software and the use of advanced technologies to create next generation marketplaces.

iXledgeris currently headquartered in London and quickly expanding into the US, Europe and Asia.

"We are very pleased to have established this strategic collaboration withiXledgerto create transformative solutions that better serve the needs of our clients," said Ross Campbell, Chief Underwriter, Life/Health Research & Development,GenRe.

IngemarSvensson, CEO,iXledger commented, "We are in an era where technology can harness the power of data and connectivity to better serve communities. In a regulated industry that is information rich, blockchaincan offer transparency and trust."」

以下グーグル自動翻訳

「ロンドンとニューヨーク、8月。 29、2017 / PRNewswire / --iXledger(旧InsureXTechnologies)は、世界初の再保険会社の1つであるGenRとのコラボレーションを発表しました。

iXledgerブロックチェーン保険ソリューション TogetheriXledgerand Gen Reは、初期段階で、ブロックシャインなどの先進技術を活用した生命保険および健康保険のソリューションを開発します。 Gen Reは、theiXledgerblockchainsolutionの早期採用者として、金融ソフトウェアを構築する上での専門知識と次世代マーケットプレイスを創出するための先進技術の活用の恩恵を受けるでしょう。

iXledgerisは現在ロンドンに本社を置き、米国、欧州、アジアに急速に拡大しています。

GenReの生命・健康研究開発部門の最高執行責任者、ロス・キャンベル氏は、次のように述べています。「お客様との戦略的提携を確立して非常に満足しています。

IngemarSvenssonのCEO、iXledger氏は、「私たちは、テクノロジーがデータと接続の力を利用してコミュニティに役立てる時代を迎えています。情報が豊富な規制産業では、ブロックチェーンが透明性と信頼性を提供します。」

情報ソースはこちら↓ markets.businessinsider.com

10/1追記 IXTの価格は下がり続けICO割れ(泣)

ICO 0.0075120/ETHで購入したIXTはICO割れしてしまいました。 一時期2倍以上(~0.019/ETH)にあがっていたのでがっかり。

私も例にもれず最高値のところで売り損ねて、ずっともっています(泣) 「もっと上がるはず!」と欲をかいていたら下がってしまった仮想通貨トレーダーあるあるですね( ;∀;)

10/1追記さがっていたiXledger復活!価格上がり中

IXTトークンのバーン(焼却処分)について

2017年11月21日発表のホワイトペーパーで、毎月一定枚数のIXTトークンをBurnバーンすることを発表。

Burnバーンとは…トークンの価値が暴落しないように発行済みのトークンを破棄すること。焼却処分といういみでBurn=焼くという英語がつかわれています。

以下、ホワイトペーパーより抜粋

4.9​ ​Token​ ​Burn

Tokens​ ​received​ ​by​ ​the​ ​platform​ ​will​ ​be​ ​burnt​ ​after​ ​certain​ ​costs​ ​have​ ​been​ ​covered.​ ​This​ ​exact amount​ ​will​ ​be​ ​determined​ ​on​ ​a​ ​monthly​ ​basis​ ​depending​ ​on​ ​the​ ​levels​ ​required​ ​for:

トークンバーン
プラットフォームによって受け取られたトークンは、特定のコストがカバーされた後に焼き付けられます。この正確な金額次のレベルに応じて月単位で決定されます。

Operational​ ​costs:​​

This​ ​includes​ ​the​ ​infrastructure​ ​costs​ ​required​ ​to​ ​operate​ ​the​ ​iXledger platform.​ ​The​ ​medium​ ​to​ ​long-term​ ​plan​ ​is​ ​to​ ​open​ ​up​ ​the​ ​blockchain​ ​to​ ​people​ ​who​ ​wish​ ​to mine.​ ​Miners​ ​would​ ​then​ ​be​ ​rewarded​ ​with​ ​IXT​ ​tokens.

運用コスト
これには、iXledgerプラットフォームの運用に必要なインフラストラクチャのコストも含まれます。中長期計画はマイニングを希望する人々にブロックチェーンを開くことができます。 マイナーにはIXTトークンがあたえれます。

Growth:​ ​​

There​ ​will​ ​be​ ​rewards​ ​for​ ​bringing​ ​on​ ​new​ ​participants,​ ​provisioning​ ​and​ ​marketing and​ ​advertising.

成長: 新しい参加者の獲得、プロビジョニング、マーケティング、広告のための報酬があります。

Reserve​ ​Pool​ ​replenishment:​​ ​

A​ ​constant​ ​level​ ​of​ ​tokens​ ​will​ ​be​ ​maintained​ ​in​ ​this​ ​pool​ ​with​ ​the potential​ ​to​ ​increase​ ​the​ ​size​ ​in​ ​proportion​ ​to​ ​platform​ ​growth. Tokens​ ​will​ ​be​ ​burnt​ ​with​ ​a​ ​single​ ​transactions​ ​of​ ​those​ ​unwanted​ ​tokens​ ​to​ ​the​ ​Genesis​ ​block address.​ ​This​ ​procedure​ ​will​ ​effectively​ ​take​ ​these​ ​tokens​ ​out​ ​of​ ​circulation.​ ​Other​ ​existing​ ​token burn​ ​options​ ​being​ ​considered​ ​for​ ​implementation​ ​is​ ​a​ ​‘graveyard​ ​contract’,​ ​which​ ​will​ ​explicitly destroy​ ​the​ ​token.

プールの補充:
このプールには一定のレベルのトークンが維持され、プラットフォームの成長に比例したサイズ。 トークンは、それらの不要なトークンをジェネシスブロックアドレスに1回転送するだけで焼くことができます。この手順では、これらのトークンを効果的に流通させることができます。実装のためにトークンを明示的に破壊する「墓地契約」があります。